Posted on

携帯を格安SIMに変えるのはオススメ。今後は、保険の見直にチャレンジしたい

40代前半、ひとり暮らしの女性です。

地方の中小企業で事務職として働いているため、同年代女性と比べると年収は低いです。

そのため、常に節約を意識して生活しております。

食費は、できるだけ自炊

食費は、できるだけ自炊を心がけ、買い物も週に一度まとめて買い、切れたものや足りないものはその都度購入します。

スイーツやお菓子が大好きなので、1回の買い物は5~6千円程度。

1か月約2.5~3万円になります。

水道代は家賃と一緒で、いくら使っても2500円、電気は夏場は3000円程度です。

が、冬場12月~4月は暖房機器が電気なので1万円程になります。

ガス代は、給湯器と調理機器がプロパンガスのため、5~6千円。

携帯代は、格安SIMのiijmioとSoftBankのガラケーで、格安SIMをメインに使っているので約5千円です。

他に通信費として、自宅の光回線プラス固定電話で5千円、他にケーブルテレビのj-comを利用しているため月額5千円。

最も出費なのは家賃の4.5万円

最も出費なのは家賃の4.5万円です。

ひとり暮らしのため少なめですが、月々の交際費や化粧品、洋服、消耗品などをプラスすると全く余裕はありません。

赤字とまでは行きませんが、趣味の旅行に使ったり、貯蓄に回す資金はゼロです。

そのため、ボーナスで大きい買い物をしたり、旅行をしたりしています。

やりくりで工夫していることは、携帯を格安SIMに

月々のやりくりで工夫していることは、携帯を格安SIMにしたことです。

そのため、以前は1万円弱だった携帯代を5千円に節約できました。

あと5万円月収が増えると少し余裕が出てきますが、職場は毎年昇給があるとは限らず、5万円も増やすことは無理そうです。

自分の経験から言える家計節約のアドバイスは、携帯を格安SIMに変えるのはオススメです。

どのような使い方をしているかにもよりますが、私のようにほとんどパソコンメインで、スマホはメールや調べごと程度しか使わないのであれば格安SIMで全く問題ないです。

今後は、保険の見直しに手を付けようと考えています。